保湿ケアには化粧水はいらない!勘違い保湿ケアは逆効果

 

肌がかさつくからと、化粧水をたくさんつけたり、コットンパックやスプレータイプの化粧水を使っている人は多いのではないでしょうか?

 

でも、それは保湿には逆効果!化粧水はつければつけるほど、肌はよけいに乾燥してしまいます。

 

それは、スプレータイプの化粧水を携帯して、こまめにスプレーしても同じこと。

 

化粧水の水分が蒸発する時に、肌の水分まで一緒に蒸発してしまい乾燥をさらに進めてしまいます。

 

 

 

肌(皮膚)には、異物が体内に侵入するのを防ぐバリア機能というものがあります。

 

お風呂に入っても水が肌に入っていかないのと同様、ほとんどの構成成分が水である化粧水をどんなにつけても、届くのは肌のごく表面(角質層)までです。

 

つまり、化粧水をつければ、肌は一時的にしっとりしますが、しばらくすると蒸発してしまい乾燥します。

 

 

 

また、「化粧水をつけた後は、蒸発しないように乳液でふたをしているから大丈夫」と考えている人も多いのではないでしょうか。

 

でも、残念ながらそれも完璧な保湿ケアとは言えないんですね。

 

なぜなら、乳液に油分は含まれてはいますが、油分の保湿効果というのは考えられているほど高くはありません。

 

たとえ化粧水の後に乳液をつけても、油分と水分のすき間から化粧水の水分が蒸発してしまい、肌が潤うことはないのです。

 

 

 

なので、肌の表面からたっぷり水分(化粧水)を与えるのは勘違い保湿ケアということになります。

 

残念ながら、せっかく保湿のためにとしていることが逆効果となっているんですね。

 

 

肌自らの保水機能を高める正しい保湿ケア

 

正しい保湿ケアとは、肌本来の保水機能を高めて水分を蓄えられるようにサポートしてあげることです。

 

皮膚の角質層には、水と油の層を交互に挟み込んで細胞の間に並んでいるセラミドという成分があります。

 

セラミドは、水にも油にもなじまない性質で、細胞どうしの間を埋めていくことで、体内から水分が蒸発するのを防ぎ、外部の刺激から肌の内部を守っています。

 

つまり、そのセラミドをサポートすれば、肌のバリア機能そのものが強化でき、自ら水分を保てる潤った肌になれるということです。

 

 

 

また、セラミドは年齢とともに減少していく成分です。

 

なので、セラミドをサポートすることで、肌機能そのものを正常に整え、肌の自己再生力を高め健康な肌へと導く、補う価値のある成分です。

 

赤ちゃんの肌がぷるぷるもちもちなのは、まさにセラミドがたっぷり含まれているからなんですね。

 

セラミドの一番効果的な補い方とセラミドの種類と選び方

 

セラミドは、皮膚の角質層に存在している成分です。

 

角質層は化粧品の成分が浸透しやすい部分ですので、スキンケアで手軽に補うことが可能です。

 

ちなみに、食べ物やセラミドサプリで補うという方法もありますが、摂取した分が体内ですべてセラミドになることはありません。

 

なので、肌(角質層)に直接補うことが、最も効果的な方法になります。

 

 

 

また、化粧品に配合されているセラミドの種類にも注意することがあります。

 

人の肌には複数の種類のセラミドが存在しているので、1種類のセラミドを補うより多種類のセラミドを補うほうが効果的です。

 

さらに、肌バリアの改善・強化に効果的なのは、「ヒト型セラミド」と分類されるもので、人の肌に存在するものと同じものになります。

 

化粧品の成分表示に<セラミド○○>または<セラミド△△>と表示されているものが「ヒト型セラミド」が配合されている化粧品です。

 

※ セラミド3・セラミドNSのように、〇〇には数字・△△にはアルファベットが入ります。

 

化粧品のパッケージでは、いかにもセラミドが入っているようなものも多く販売されており、中には疑似セラミド(セラミドの構造を真似た合成成分)が配合されたものもあります。疑似セラミドは「ヒト型セラミド」に比べるとほとんど効果はないようです。セラミドと表記できるのは「ヒト型セラミド」だけと決められているので、化粧品の成分表記を確認することが重要です。

 

 

 

 

毎日のスキンケアで補おう!ヒト型セラミド配合の化粧品【3選】

 

1 hazumi 薬用ロイヤルプラセンタホワイト
「3種のセラミド」:バリア機能のある「セラミド3」、水分保持の「セラミド2」、ターンオーバー促進の「セラミド6II」

 

 

2 潤静(うるしず
すべすべ肌に導く、3種類のセラミド配合 セラミドの中でも肌への馴染みがよく刺激が少ない「ヒト型セラミド」を配合しているので、しっかり潤いをサポートします

 

 

3 ティモティア保水 バリアクリーム

 

水分をたっぷり抱え込んだ液晶構造ヒト型セラミドがしっかりと角層に浸透するため潤いを保ちながらお肌を守ってくれる